• TOP NEWS
  • # # # # #

    BIOTOP Brand Feature: Meryll Rogge (メリル ロッゲ)
    2020.10.16 (Fri.) launch

    パリでのデビューコレクションを発表後、発売前から大きな話題となっている「Meryll Rogge(メリル ロッゲ)」。マーク ジェイコブスで経験を積み、ドリス ヴァン ノッテンではウィメンズヘッドデザイナーを務めたベルギー人デザイナーのメリル・ロッゲによる、2020AWシーズンデビューの大注目ブランドを、 BIOTOP3店舗にて、10/16(金) よりお取り扱いスタートいたします。
    今回コレクション発売に合わせて、ロッゲ氏ご本人に、5つの質問に答えていただきました。

     

    1.デビューコレクションとなる2020秋冬シーズンのブランドヒストリーを教えてください。
    私たちならではの小さなファッションの世界観を創り、私たちが考える女性像を提案したく、スタートしました。まず、レディスとメンズそれぞれからインスピレーションを得たアイテムを組み合わせることから始まりました。メンズのカジュアルアイテムは、とてもデコラティブで贅沢なフェミニンスタイルとミックスされています。また、長くワードローブの中で大切にされるものという意味で、ヴィンテージアイテムを参考にしながらも、常に現代の女性に合わせてアップデートしたデザインにしています。

    1.Brand history of AW20 debut collection in brief
    We started last season because we wanted to create our own little fashion universe and propose our own vision for women. We started with a combination of women’s pieces and men’s inspired pieces. Also very casual men’s type pieced mixed in with a very decorative and opulent feminine style. We like to look at vintage references because they can represent styles that last a long time in people’s wardrobes without going out of fashion, but we want to dress the women of today.

     

    2.おすすめのスタイリングを教えてください。
    個人的には今シーズンはジャガード生地を使用した”Top with Velvet Ribbon Strap”と”Skirt with velvet drawstrings” のセットアップがお気に入りです。特別なイベントにも着ていただけるスペシャルピースでありながら、普段使いもして頂きたいと思っています。スニーカーと合わせたり、ベーシックなメンズのセーターなどと合わせるととてもクールですし、ジーンズとカジュアルに合わせるのもお勧めです。今シーズンのキープリントである、”Neon Roses print” も気に入っています。それから、“The top with gathered sleeve in denim”も日常着として是非着まわしてもらいたいアイテムです。

    2.Please advise recommended collection item and styling.
    I personally love our jacquard styles Top with Velvet Ribbon Strap and skirt with velvet drawstrings.They are pieces you can save for a special event, but to be honest, I think it is better to wear everyday.You can wear the skirt with sneakers and a basic crew neck men’s type sweater and look very cool, and put together. And the top you can easily wear with a jeans.
    I also love our Neon Roses print.The top with gathered sleeve in denim is also one of my favorites. It’s very nice for everyday!

     

    3.コレクションのパワーの源やインスピレーションなどについて教えてください。
    AW20のコレクションはフォトグラファーのデヴィッド・アームストロングとナン・ゴールディンの写真集、A Double Life (1994)からインスピレーションを受けています。夜明けと昼光の間で、1980年代の困惑した、メランコリックな若者たち。時間と場所の間に、トラディショナルなビジネスウェアとパーティドレスがクロスし –ラインストーンや蛍光色がストライプやテイラードシャツ、クラシックウールやシルクと重なりー 超フェミニンが ’日常’ に出会います。クロエ・セヴィ二- の’映画‘Last Days of Disco’や、メレット・オッペンハイムの’Fur Cup’ などのアート作品からもインスピレーションを受けています。
    参照: https://www.moma.org/learn/moma_learning/meret-oppenheim-object-paris-1936/

    3.What is the source of inspiration for your collection?
    This Fall Winter 2020—2021 collection dives into the imagery of photographers David Armstrong and Nan Goldin, as portrayed in their photobook A Double Life (1994). Between dawn and daylight,
    it recalls the puzzled and melancholic youth of 1980s New York. In between times and places, traditional business attire meets festive party props – strass and fluorescent hues coexist alongside stripes and tailored shirts, classic wools and silks – hyper femininity meets the mundane.
    We looked also at the movie from With Stillman ‘Last Days of Disco’ with Chloe Sevigny, and also to Meret Oppenheim’s work of art ‘Fur Cup’.

     

    4.普段はベルギーにお住まいとのことですがお休みの日など何をされて過ごしてるのでしょうか。
    最近は残念ながらSS21の準備などで休みが取れていません。コロナの影響が出る前はアントワープやブリュッセルのギャラリーへ出かけたり、シンプルで素敵なレストランでディナーするのが好きでした。週末にはパリやブリュッセル、ロンドンに友人に会いに出かけたり、夜は映画を見ます。仕事から解放され、家族や友人と楽しむようなシンプルなことです。

    4.You are based in Beigium, but what do you do on your days off?
    For the moment, we don’t have many days off because we were working on SS21, and production of the first collection.In pre-COVID times, we like to go to the Antwerp or Brussels and see exhibitions, galleries.
    We go to dinner with friends in nice simple restaurants. Travel on the weekend to go see friends in Paris, Brussels or London. In the evenings watch a movie.I go running.
    Simple things to take our minds off work and enjoy moments with family and friends.

     

    5. 日本には来たことありますか?日本のイメージやファッションにどんなイメージを持たれていますか。
    日本には3度行きました。冬、春、秋に一回ずつ、とても楽しい旅行でした。食事やお茶、電車、人々、バーやレストラン、アート、雰囲気、お店など、全てが大好きです。シンプルなスーパーであっても、日本で見るものは全て美しいと感じます。一杯のうどんにもとても美しいプレゼンテーションがなされています。至る所で木が使用されているところも。
    また、仕事のリサーチで一度、着物のジャガード織やプリント工場を訪れ、感動しました。たくさんの手作業、手染めの着物、1日に1cmしか作れない手織り機によるジャガード。想像を絶するような世界でした。
    日本の人々は皆さんとても素敵な洋服を着ています。東京の混雑しているビジネス街などでは多くの人がネイビー、白、黒などの落ち着いたエレガントな装いをしています。日本の(ヨーロッパではあまり見られない)制服というシステム。また工事現場で働く人々もグリーン、オレンジ、ワインレッド、ブルーなどといった美しい色の作業着を着ています。それは全世界共通ではなく、私にとってはとても特別なことに見えます。そして洋服が好きな、少し’クレイジー’なファッションの人々もいます。
    また、日本では女性も男性もデザイナークローズを上手に着こなしていると感じます。日本には偉大なデザイナーがたくさんいて、川久保玲さん、ヨージヤマモトさん、ケイニノミヤさん (アントワープ王立アカデミーで私の一つ下の学年にいました)など、日本の皆さんはとてもファッションに精通していると思います。

    5.Have you been to Japan? What kind of image do you have of Japan and Japanese fashion?
    I have been to Japan 3x. One time in the Winter, once in the Spring and once in the Fall, and I loved all my trips.
    We spent 3 weeks for holidays in Tokyo, Kyoto, Naoshima, Teshima and Fukui. We loved everything. The food, the tea, the trains, the people, the bars, the restaurants, the art, the atmosphere, the shops.
    Everything is so beautiful in Japan, even in a simple grocery store. Even a bowl of simple udon is beautifully put together.The use of wood everywhere.
    Then I did a research trip for work, and went to visit some manufacturers of Kimono jacquards, and kimono prints. It was incredible. So much handcraft… handpainted kimonos, weaving of jacquards by hand loom machine, where they can produce 1cm of fabric a day. Unbelievable.
    The majority of people in Japan are very well dressed. When you look in the busy streets of Tokyo, everybody is dressed in navy, white, black, very sober and elegant. You have the school uniforms that add to that. And the construction workers etc that wear beautiful workwear pieces in beautiful colours (green, orange, rust, blue…). They are not standard colors, they are very special.
    Then of course, you also have people that are very interested in fashion, who go a little crazier. The Japanese women and also the men look great in designer clothes. There are so many great Japanese designers, Rei Kawakubo, Yamamoto, Kei Ninomija (who went to my school in Antwerp and studied 1 year after me) and the Japanese people really know fashion well.

     

    ありがとうございます!最後にBIOTOP、日本のお客様へメッセージをお願いいたします。
    ファーストシーズンから私たちのブランドをお取扱頂きありがとうございます。BIOTOPのお客様が私たちのコレクションを気に入って、長く愛用していただけることを望んでいます。私たちにとって、お客様がひとつひとつのアイテムを楽しみ、喜んで頂けることが一番大事なことです。

    Message to BIOTOP customers in Japan.
    We would like to thank BIOTOP for buying our collection from the first season. We hope that the BIOTOP customers will like the collection and like to wear our pieces for a long time. It’s important to us that the costumer enjoys the pieces and that it brings joy to them.


    Designer profile
    べルギー生まれのメリル・ロッゲは、2005年にアントワープの王立芸術アカデミーにてファッションデザインを学び始める。流行の型を破ることで知られている彼女は、アカデミー卒業生の世代の一人となった。 2008年の卒業後、願望していたNYのマーク・ジェイコブスのデザインチームに加わり、ウィメンズコレクションデザイナーとして、彼の最も象徴的なコレクションに参加。7年後アントワープに帰国後は、ドリス・バン・ノッテンのウィメンズヘッドデザイナーとなり、素晴らしいコラボレーションは何年も続いた。メリル ロッゲのコレクション立上げは、ロッゲ氏の功績と熱望の自然な進化であり、より個人的なものを表現したいという気持ちから、故郷のゲントの近くにスタジオを設立し、農地の平和な雰囲気の中、彼女の名を冠した2020-2021秋冬コレクションをデザインしている。

    LATEST POST

    PAGE TOP