BIOTOP PEOPLE

No.2

いまカナダで、東京に触発された独自のメンズ・ファッション・カルチャーが萌芽しつつある。
機能的で美しく、細部までこだわった服と、そうした物づくりにアプローチする雑誌。
世界中からにわかに注目される、カナディアン・ファッションを牽引する4人に話を聞いた。


BIOTOP AVEC VANCOUVER

vancouver_img001

日本の服のクオリティにカナダの良さをミックスする

バンクーバーのファッション、と言われてピンとくる人はまだ少ないかもしれない。カナダ西部の港町、海と山と森に囲まれたこの美しい街からいま、新しいファッションのムーブメントが起こりつつある。

バンクーバーにあるメンズウェアのファクトリー、CYC Design Corporationの創設者であるCraig Atkinsonは、日本に7年住んだことがある。東京や軽井沢、鎌倉そして、日本の食べ物が好き(大好物は担々麺らしい)という彼は、「日本人デザイナーはテーマやメッセージを伝えることがうまい」と、日本のファッションを愛してやまない。日本の服のクオリティとディテールへのこだわりに、カナダ的な要素をミックスできないかと考えて、帰国後にCYC を創業した。そのコンセプトを実現すべく2004年に立ち上げたブランドが話題の〈wings+horns〉だ。

「クラシックと機能性を兼ね備えたライフスタイル・ブランドとして、だんだん認められつつあります」とCraigが言うとおり、いまやカナダだけではなくアメリカ、日本、イギリス、フランス、香港、韓国などでも着実に評価が高まってきており、今年9月にはバンクーバーに直営店も出来る予定。「数年前からカナダのファッション・シーンが変化し始めた。いいメンズショップも次々オープンし、ファッションに興味を持つ男性が増えてきています」。

vancouver_img002

wings+hornsのシンプル&クリーンながらディテールにこだわる姿勢は、東京ブランドとも共通している。
Wings + horns's simple and clean yet attention-to-detail attitude shares something in common with Tokyo brands.

<Wings+horns>のデザイナーであるDavidson Manalotoもまた、日本のファッションをリスペクトする1人だ。「型破りな組み合わせに刺激を受けます。GYAKUSOUのようにスポーツとハイファッションをミックスするとか」。

Davidsonが〈wings+horns〉のデザインにおいていちばん大事にしていることは「毎シーズン、そのとき出来る最高な商品を作ること」と言う。バンクーバーという土地柄、防寒は必要不可欠。必ず快適さと機能性も考慮してデザインする。「他のブランドと比べると、自社工場があるために製作過程すべてチェックできてクリエーションに集中できるのが、なによりラッキー」。

vancouver_img003vancouver_img004vancouver_img005vancouver_img006


バンクーバー製ならではの快適さ・機能性を徹底して追求するためには、自社工場があることが大きなメリットになる。
Owning our own factory is a great advantage to completely pursue functionality and comfort found only in Vancouver-made.

CYCが発信する、スポーツがテーマのブランド

ところで、バンクーバーは場所柄ウインタースポーツがとても盛んな街である。サッカーやホッケーから、カヤック、トレッキング、クライミング、スノーボードまで、スポーツをこよなく愛する人々が多く、多くの著名な選手を輩出している。CYCが〈wings+horns〉のほかに発信する〈REIGNING CHAMP〉は、それらのスポーツとヴィンテージ・スポーツウェアからインスピレーションを受けたブランドである。

〈REIGNING CHAMP〉のディレクターであるKenta Gotoは、ブランドについてこんなふうに説明してくれた。

「スポーツをテーマにしていますが、そのまま取り入れるわけではありません。サッカーチームのジャージやコーチジャケット、スタジャンも作りますが、ステッチや襟のディテール、色のチョイスなど、インスピレーションは細かいところに宿っています。サイクリングウェアには、イタリアのビアンキへのオマージュとして“チェレステ・ブルー”を使ったり、映画『エンドレス・サマー』にインスピレーションを受けて、日焼けした色とダークなカラーステッチを使ったスウェットシャツを作ったりしました」。

そんなバンクーバー・ファッションの活気を背景に、2009年に創刊した雑誌が『INVENTORY』である。ファッションだけではなく、アート、写真、ホームウェアも取り上げ、たびたび日本のプロダクツやクリエイターにもフィーチャーしている。その『INVENTORY』の8号(2013年春夏号)で、BIOTOPクリエイティブ・ディレクターの熊谷隆志がフォーカスされた。
『INVENTORY』編集長のRyan Willmsが熊谷に注目した理由は「ファッションにおける経験の豊富さ。服のみならず写真、ガーデニングに夢中で、なにより仕事をとても大事にしている姿勢に共感した」。

vancouver_img007

vancouver_img008

8号では熊谷隆志にインタビューも。その時の旬な人や会社をいちはやく取り上げることでも定評がある。
Interview with Takashi Kumagai in issue No. 8. The magazine has an established reputation for quickly taking up companies and people in season at that time.

カナディアン・ブランド×熊谷隆志のコラボレーション

この取材のために初めてバンクーバーを訪れた熊谷は、海・山・緑・街が一体となったコンフォタブルな雰囲気と、バンクーバーから生まれつつあるクリエーションのムーブメントに感動、今回BIOTOPでのポップアップ・ショップ「BIOTOP avec Vancouver」が実現することとなった。

「BIOTOP avec Vancouver」では、〈wings+horns〉×TAKASHI KUMAGAIのコレクション「Tokyo Standard」を発表、〈wings+horns〉と熊谷による新たな東京スタンダードが提案される。CYCのCraigは「いままで出合ったなかで、熊谷氏ほど才能を感じた人はいない。彼のスタイル・色使いはいままでの〈wings+horns〉にはなかったので、縫製フロアで仕上がっていくプロセスを見るのが楽しかった。今回の「Tokyo Standard」を一言でいうなら“Refreshing”。熊谷氏のスピリットを感じます」。

デザイナーのDavidsonもまた「日本のファッションの特徴であるきれいな色使いは、〈wings+horns〉にとって新しい挑戦だったが、『Tokyo Standard』のコレクションはすべて素晴らしい仕上がりになりました」と胸を張る。

vancouver_img009vancouver_img010vancouver_img011vancouver_img012

「TOKYO STANDARD」のルック。ミニマルなデザインとクリーンな色使いが特徴的。
The look of TOKYO STANDARD. Minimal design and clean color usage are its special features.

ポップアップ・ショップではもうひとつユニークなコラボレーションに出合える。〈REIGNING CHAMP〉がデザインする、『INVENTORY』エディターによって結成されたサッカーチームのトレーニングユニフォーム、〈REIGNING CHAMP×GASTOWN F.C.〉である。クラシックなデザインに機能性と上質な素材を取り入れたもので、『INVENTORY』のウェブサイトでも紹介された話題のアイテムだ。

「GASTOWN F.C.の選手たちが、試合の前も後もかっこよくいられるよう、さらに街着としても活用できるようデザインしました。カラートーンやロゴもシンプルで上品に。なにしろGASTOWN F.C.は細かいところまでセンスに気を配っていますからね」(Kenta)。

街と自然の融合をテーマにするBIOTOPは、バンクーバーとその刺激的なクリエーションを触れるのにもっともふさわしい場所ではないだろうか。初夏のBIOTOPで、パシフィック・リムが生んだスタンダードの未来を感じてほしい。

vancouver_img013

REIGNING CHAMP×GASTOWN F.C.のトレーニングユニフォームは、「INVENTORY」のウェブサイトでも紹介されている。
REIGNING CHAMPxGASTOWN F.C. training uniforms are introduced on the INVENTORY website.

TEXT/Ayumi Machida

BIOTOPが企画するVancouver展では、〈wings+horns〉〈REIGNING CHAMP×GASTOWN F.C.〉〈TOKYO STANDARD〉の3ブランドのほか、熊谷隆志がインタビューを受けた、雑誌『INVENTORY』の最新号およびバックナンバーも販売。

また、このイベントにちなんで3Fの〈IRVING PLACE〉では、カナディアン・フードのメニューを企画。カナディアン・ビールとジャーキーがセットになった「BAR FOOD SET」や、サーモンを使ったグリルやサンドイッチなどが味わえる。ファッション、カルチャー、グルメと3つのアプローチで、旬のカナダを感じてほしい。

CANADA_MAP_01irving_menu_009


No.2
BIOTOP AVEC VANCOUVER

Now in Canada, a unique men's fashion culture inspired by Tokyo is sprouting forth.
A magazine approaches functional and beautiful clothing caught up
on the details and how they are made.
We spoke with 4 leaders of this Canadian fashion receiving
sudden attention from the entire world.

Mixing Japanese clothing quality with Canada's greatness.

Vancouver fashion may still not ring a bell for many. In this beautiful village surrounded by forests, mountains and the sea in the Canadian western seaport, a new fashion movement is occurring.

Craig Atkinson, founder of Vancouver-based Menswear factory CYC Design Corporation, lived in Japan for 7 years. He loves Tokyo, Karuizawa, Kamakura, and he likes Japanese foods (his favorite food is tantanmen). He loves Japanese fashion, saying, “Japanese designers are great at conveying their message and themes.” He wondered whether he could mix Canadian elements with his preference for the quality and details of Japanese clothing and started CYC after returning home. The brand he launched in 2004 in order to bring his concept to life is the much-talked-about wings + horns.

“It's gradually gaining recognition as a lifestyle brand that combines classic with functionality.” As Craig says, it's now steadily receiving increased recognition in not only Canada but even in the US, Japan, England, France, Hong Kong and Korea. In September of this year, he is planning to open an directly-managed store in Vancouver. “Several years ago the fashion scene in Canada began to change. Great mens' shops opened one-after-another and men with an interest in fashion have increased.”

Wings + horns designer Davidson Manaloto is another person who respects Japan's fashion. “I'm inspired by the unconventional combinations, like the mixing of high fashion and sportswear like GYAKUSOU.”

Davidson says that what he cherishes most in wings + horns's designs is “making the best products that he can then, every season”. In the land of Vancouver, protection against the cold is absolutely imperative. They always design with comfort and functionality in mind. “Unlike other brands, we're very lucky because we have our own factory and can check the entire production process and can focus on our creations.”

Sports-themed brand put out by CYC.

The Vancouver locality is a very active town for winter sports. From soccer and hockey to kayaking, trekking, climbing and snowboarding, there are lots of people who passionately love sports. Many noted athletes turn out there. REIGNING CHAMP, which CYC puts out besides wings + horns, is a brand that receives inspiration from their sportswear and vintage sportswear.

REIGNING CHAMP director Kenta Goto explained the brand.

“Our theme is sports, but we don't take it as it is. We too make soccer teams' jackets, coaches's jackets and stadium jumpers, but our inspiration lies in the finer details such as the stitching, the detail of the collars, the choice of colors. In cycling wear, we used “Celeste Blue” as an homage to the Italian Bianchi or being inspired by the movie “The Endless Summer” we made a sweat shirt with suntan colors and dark-colored stitching.”

Canadian Brand x Takashi Kumagai Collaboration

In the background of the Vancouver fashion buzz is magazine “INVENTORY”, first published in 2009. They take up not only fashion, but also art, photography and home wear. Occasionally they approach Japanese creators and products. BIOTOP Creative Director Takashi Kumagai is featured In “INVENTORY”'s issue 8 (Spring / Summer 2013 issue).

“INVENTORY” editor Ryan Willms focused on Kumagai because of “his wealth of experience in fashion. He is not only into clothing but also photography and gardening, and I identified with his valuing his work more than anything.”

Kumagai, who visited Vancouver for the first time for the interview, was moved by the creation movement being born there and the comfortable atmosphere where sea, mountains, greenery and towns are one, so this time he decided to bring to life at BIOTOP the pop-up shop “BIOTOP avec Vancouver”.

In “BIOTOP avec Vancouver”, they're presenting the collection Tokyo Standard wings + horns x TAKASHI KUMAGAI, a new Tokyo standard by Kumagai and wings + horns. CYC's Craig says, “Of all the people I've met so far, I have not felt a genius like Mr. Kumagai's. It was enjoyable to watch his finishing process on the sewing floor because wings + horns has not had his style or color use up to now. In one word, “Tokyo Standard” is “Refreshing.” I can feel Mr. Kumagai's spirit.”

Designer Davidson commented with extreme confidence, “beautiful color use that's a unique characteristic to Japanese fashion was a new challenge for wings + horns, but all of “Tokyo Standard” collection is a wonderfully finished job.”

You can encounter one more unique collaboration at the pop-up shop: REIGNING CHAMP X GASTOWN F.C. soccer team training uniform formed by “INVENTORY” editor, designed by REIGNING CHAMP. It's a popular item that incorporates high quality materials and functionality with a classic design introduced even on the “INVENTORY” website.

“We designed it so that GASTOWN F.C. athletes could look cool before and after matches, and also so they could wear it as street clothes. The color tones and logos are simple and elegant. GASTOWN F.C. has tended to its sense even in the minor details,” says Kenta.

Town-and-nature-fusion themed BIOTOP is the best place to experience the stimulating creation with Vancouver. We want you to feel the future of Standard born on the Pacific Rim at BIOTOP in the early summer.

BIOTOP avec Vancouver April 26th(Friday) - May 12th(Sunday)

At BIOTOP's Vancouver exhibition, the 3 brands wings + horns, REIGNING CHAMP x GASTOWN F.C., TOKYO STANDARD, and the latest issue of magazine INVENTORY with Takashi Kumagai interview and/or back issues on sale.
At IRVING PLACE on the third floor in honor of the event a Canadian food menu is being served. You can enjoy sandwiches, grilled salmon and the BAR FOOD SET, a set of beer and jerky. We want you to experience seasonal Canada through the three approaches of gourmet, culture, and fashion.

Copyright ©2014 . BIOTOP All Right Reserved.